Top > チャイルドシートの取り付け方

チャイルドシートの取り付け方

チャイルドシートを選んだら、早速取り付けてみましょう。
チャイルドシートの取り付け方にはメーカーや自動車の車種などで違いがあるようですから、取扱説明書などをよく読んでから取り付け作業に取り掛かります。
チャイルドシートは車のシートベルトで固定させます。
ベルトの固定方法には2点固定式と3点固定式があり、必ず正しい方法で取り付けます。
チャイルドシートを取り付ける際には固定金具(ロッキングクリップ)を使い、使用中に緩まないようにしっかりと固定しますが、この金具には裏表がありますので注意して行いましょう。
チャイルドシートを設置する場所は、エアバッグがある助手席では作動した時に重大なケガを負う可能性がありますから避けます。やはり安全面から後部座席を選ぶようにしましょう。
やむを得ず助手席に取り付ける場合には、助手席を一番後ろまで下げてエアバッグからなるべく遠ざけ、チャイルドシートは前向きになるようにしておきます。
また、チャイルドシートでも乳児用は横置きか後ろ向きに取り付けることになりますから、親の顔が見えないことで不安になる子のために後部座席に大人が一人乗るようにしておいたり、時々声掛けすると子供も安心するようです。
それから、チャイルドシートは子供の体格に合った物を使う事が大切ですから、成長するにしたがい段階的に交換していくとより安全だといわれています。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
チャイルドシートへの理解を深めましょう(2009年5月11日)
チャイルドシートのお手入れ(2009年5月11日)
チャイルドシートを嫌がる子には(2009年5月11日)
チャイルドシートの取り付け方(2009年5月11日)
チャイルドシートの購入とレンタル(2009年5月11日)