チャイルドシートの選び方と活用法最新の記事

チャイルドシートへの理解を深めましょう

チャイルドシートは子供の安全のために大切なのに、充分に浸透していないことが問題視されているようです。
過去、警察庁とJAFが行った調査では、チャイルドシートの実際の使用率は5割で、乳幼児では7割、1歳から4歳までは5割弱、5歳においてはなんと3割に留まったとする結果が得られています。
更に、正しく安全に取り付けられていたかについては、およそ半数に何らかの点で適合していないとされ、安全性を高める為により一層啓蒙していくことが必要だといわれています。
チャイルドシートの説明や着用指導を母親学級などで受けられる機会も増えてきました。
ですが、依然としてシートを使わないことで考えられる危険性に理解のない方もいます。
しばしば聞かれるトラブルに、舅や姑がチャイルドシートを使ってくれないことが挙げられます。
昔は法律違反になることも無かった為に抱っこしたままや車の助手席などにチャイルドシートなしで乗せてしまい、子供をシートに乗せておきたい親との間で安全への意識に違いからケンカになってしまう場合もあるようです。
そのようなことのないように危険性についてきちんと説明し、必要なら毅然とした態度で接して納得してもらえるようにします。
チャイルドシートは安全を保つ為のものです。
きちんと理解を深め、正しく適正に使いましょう。

チャイルドシートの選び方と活用法について

チャイルドシートをしっかり選んでも、車に付けられなければ意味はありません。チャイルドシートと車には相性があって、固定しにくい組み合わせもあるようです。
カテゴリー
更新履歴
チャイルドシートへの理解を深めましょう(2009年5月11日)
チャイルドシートのお手入れ(2009年5月11日)
チャイルドシートを嫌がる子には(2009年5月11日)
チャイルドシートの取り付け方(2009年5月11日)
チャイルドシートの購入とレンタル(2009年5月11日)